How to Work 働き方のヒント New Articles Pickup

秋田県湯沢市の取り組み「ゆざワーク」とは!?


こんにちは、Job-Hub編集部です。
先日の9月17日に秋田県湯沢市で開催されたテレワーク推進イベントの「ゆざワーク体験フェア」が開催されました。

今回は湯沢市の魅力も含めて、ゆざワークをご紹介します!

秋田県湯沢市

秋田県湯沢市の名産は稲庭うどん・川連漆器・漬物・味噌・醤油と発酵食品が多いですが、特に酒類は老舗の酒蔵が4社あります。
昔の人の酒造りの工程を見ることができる資料館へ行った時、お米がお酒になるまでにかかる時間と労力がどれほどのものなのかを改めて知ったのですが、原料となるお米と水などの環境面も整っており、酒造りに必要な条件が満たされていました。湯沢市にある院内銀山は藩政時代に国内最大の銀山として全国からたくさんの労働者が集まり、人口とお酒の消費量も増えていきました。


多くの酒蔵が存在することで互いに技術の向上を目指し、今もなおおいしいお酒を造り続けています!

 

多様な働き方に活動的なまち

湯沢市の人口は平成19年まで55,052人でしたが、平成29年の9月時点では46,467人と減少しています。

都市圏への若者流出や少子高齢化が進んでいる状況で、場所にとらわれないクラウドソーシングの導入支援、地方創生に取り組んでいます。
多様な働き方に対して活動的な湯沢市は、平成27年12月から「湯沢市クラウドソーシング導入支援事業」を実施し、パソナテックが委託を受けて活動しています。(平成29年10月現在)

また、2017年10月17日には「家事代行シェアリングサービス事業」を地方都市として初めて導入しました。豪雪地帯による冬季に仕事ができない農業従事者の方が別の形で働くことができるなど、クラウドサービスを活用し、多様な暮らし方・働き方の実現を目指しています!

 

「ゆざワーク」とは?

「ゆざワーク」とは湯沢市が推進している在宅ワークを含めた柔軟な働き方です!

パソナテックでは、「ゆざワーク」の認知度向上とそれを実践する人を増やすことを目的として日々活動しています。
決められた時間に働くことが困難な方が、自宅や外で自分の対応できる時間にお仕事ができるようにサポートをしています。

事業を開始してからこれまで、在宅ワーカーの育成に加え、企業や個人向けにクラウドソーシングの活用セミナーや働き方を考えるワークショップ、地域の人と触れ合える七夕や芋煮会などさまざまなイベントを開催してきました!

その中で、今回は9月17日(日)に開催した「ゆざワーク体験フェア」をご紹介します!

場所は湯沢市役所の1階にある、広くて解放感のあるロビーをお借りしました。

天井から吊るされている3つの凧のうち、真ん中が特産品の「まなぐ凧」です!

 

子どもたちで作るオリジナル水族館!

マットの上にたくさんのタブレット端末が!なかなか見ない光景です・・・!

来場されたお子様へ、キッズプログラミングの体験してもらうために用意したタブレット端末です。


子どもたちを見守りながら、いつか自分をプログラミングしてほしいと願うPepperくん

 

好きな絵を描いて、それがスクリーンの中で動く!大人もやりたくなっちゃいます!

 

みんなで作ったオリジナル水族館。ゆらゆらふわふわと動いています。
今回はViscuit(ビスケット)というビジュアルプログラミング言語を使用しました。

 

テレワークを体験してみよう!

来場された人の約7割は小学生以下のお子様がいらっしゃる女性の方で、ほかには年配の方や高校生、県外からお越しになられた方もいて、テレワークに対しての関心が深まっていることが分かります!

パソコンブースでは仮想の在宅業務を体験してもらいました!

 

体験できる業務内容は名刺入力、音声吹込み、キャッチコピー制作、バナー制作、動画制作でした。

 

湯沢市の在宅ワーク推進センターでは、この他にもパンフレット制作や文章構成、店舗紹介情報の入力なども実績があります。
「在宅ワーク」と一括りにしても、いろいろなお仕事を受注しています!

 

ゆざワーク座談会に遠隔で参加!

湯沢市の事業に参加した訓練生と、松山市の在宅ワーカーさんに在宅ワークとの付き合い方を紹介してもらいました。仕事の内容や在宅ワークを始めて生活がどのように変化したのか、在宅ワークをするための時間の作り方など、具体的な内容を話してもらいました。

ライフステージや生活環境によって在宅ワークの付き合い方は異なります。
自身の生活に合わせて活用していきたいですね!

そして、愛媛県松山市でクラウドソーシングを使って実績を積んでいる在宅ワーカーさんをWeb会議でお招きし、松山市と湯沢市の900kmの距離を繋いで座談会を行いました!

愛媛県松山市から座談会に参加してくださったワーカーさん

 

現地でなくても繋がることができる時代、こうやって顔が見えると一気に距離も縮まりますよね。

 

湯沢市在宅ワーカー育成事業の5期生募集中!

パソナテックが運営している湯沢市在宅ワーク推進センターでは、在宅ワーカーの育成にも取り組んでいます!
1期~4期までで合計120名の方が卒業されました。

そして10月15日より、5期生を30名募集しています!(2017年11月30日まで)

 

在宅ワークを始める前に知っておきたいビジネススキルや情報セキュリティ・コンプライアンスなど、とても身になる訓練内容になっていますので、興味のある方は募集説明会にお申込みください!

1期~4期の訓練に参加された方のワークライフバランスは様々です。

  • 子育て中の主婦
  • パートで働いている方
  • 親の介護でシフト勤務が難しい方
  • 農業従事者
  • SOHO

ライフワークに合わせた働き方を見つけるためにも、必要なスキルを身につけることは大事ですよね。

 

【在宅ワーカー5期生大募集!】

http://yuzawa-cs.com/recruit/

 

 

まとめ

ゆざワーク体験フェアのアンケートではまた開催してほしいという嬉しい声が多く大成功となりました!また機会があればお知らせしたいと思います!

みなさんが今住んでいる都道府県市町村がどのような取り組みをしているかご存知でしょうか。
パソナテックでは各自治体と様々な取り組みを行っております。
2010年から愛媛県松山市のテレワーク推進事業に携わっているので例として挙げると、テレワーク在宅就労促進事業として「発注奨励金・就労奨励金制度」というものがあり、松山市が発注企業へ発注奨励金を交付するという制度を平成19年から実施しています。

みなさんが住んでいる地域のテレワーク推進活動を調べてみると、素敵な取り組みを発見できるかもしれません!