How to Work 働き方のヒント New Articles Pickup

「働く」が変わる!コワーキングスペースのご紹介


こんにちは、Job-Hubマガジン編集部の中山です。
働き方改革が始まって1年以上が経ちました。今では仕事をしているうえでよく耳にする言葉になりましたね。
テレワーク普及推進運動という取り組みをご存知ですか?
テレワークが「持続可能な成長と実感できる豊かさ」を実現する働き方であるという考えのもと、テレワークに関心を持ち、実践する人々が「共鳴し、体験を拡げる場」としてテレワーク月間を設定し、テレワークの普及啓蒙をしています。今月11月はそのテレワーク月間でもあります。
また、11月は「働く、を考える」をテーマに掲げ、自宅やサテライトオフィスでの仕事を社員が体験することで、見えてくる問題や課題、良いところなどを整理し、より働きやすい環境を目指しています。

テレワーク普及推進運動

 

Job-Hubを運営しているパソナテックは今年の夏に新たな働き方として、「テレワーク・デイ」「時差Biz」にチャレンジしました。
会社ではなく家で仕事をしたり、通勤が混雑する時間帯を避けて出社をしたりすることで、生活環境や場所に合わせた、柔軟な働き方を体感することができました。

このような取り組みもあり、フリーランスに関わらず、会社員もコワーキングスペースは身近な空間になってきたのではないでしょうか。
今では仕事の場所だけではなく、コミュニティやビジネスが生まれる場所としても活用されています。

今回は、今注目されているコワーキングスペースの一部をご紹介します!
(写真をクリックすると、リンク先へ移動します)

Creative Lounge MOV(東京)

コクヨ株式会社が運営する渋谷ヒカリエ8階フロアにあるクリエイティブラウンジです。コワーキングスペースとして利用できる場所はもちろんのこと、「aiiima(アイーーーマ)」という展示スペースではファッションや写真の展示以外に、クラウドのワークショップなど多彩なイベントが開催されています。素敵なのがMOVのサイト。スペシャリストたちがMOVメンバーとして制作しており、技術と遊び心が詰まった作品になっています!
※2017年12月1日から料金改定のお知らせあり

料金:ビジター利用  1,100円/時間
会員利用   14,000円~/月 ※複数プランあり

 

co-ba(東京)

クリエイターのためのシェアオフィスを作りたいという気持ちからクラウドファンディングによって始まったプロジェクト。現在はco-baネットワークとして全国に17か所(2017年10月時点)の拠点を持つコワーキングスペースにまで成長しています。各拠点でコンセプトがあり、それぞれのオーナーの想いが形になっています。各拠点で利用料金が異なりますが、co-ba会員へ登録すれば各店舗の利用が可能です。

co-baではオーナーも募集しているので、住んでいる街でクリエイターが集まる場所を作りたい!と思っている方も、是非サイトをチェックしてみてください!

料金:各店舗によって異なるため、サイトをご確認ください

 

MYCAFE(名古屋)

名古屋市内に4店舗あり、それぞれの店舗に「信頼性」や「個性的」など、各店舗でコンセプトが異なります。
ビジター利用も可能ですが、会員になるとフィットネスジムやフリードリンク、ブックカフェなど15つのサービスを利用することができます。コワーキングスペースの目的として利用するのではなく、生活の一部として活用できますね。
会員料金も複数のプランがあるので、ご自身のスタイルに合わせて利用ができます。

料金:ビジター利用 9:00〜17:00/1,000円  17:00〜22:00/1,500円
会員利用   5,000円~/月 ※複数プランあり

 

sharebase.InC(名古屋)

フラットで親しみやすいオープンスペースです。キッチンスペースも利用できるだけではなく、面白いのが宿泊利用も可能というところ!コミュニティー・マーケットプレイスのAirbnbでホスト登録をしており、レビュー数は200を超えています。まさに「アソビゴコロでそだてるヒミツキチ」というコンセプトがぴったりの場所ですね!

料金もリーズナブルですし、取材など仕事で名古屋での宿泊施設としてもオススメです!

料金:ビジター利用 10:00〜17:00 17:00~Close/500円
会員利用   3,000円~/月 ※複数プランあり

 

Osakan Space(大阪)

御堂筋線本町駅1番出口から徒歩30秒という好立地にあるコワーキングスペースです。
他の人との交流やイベントなども積極的に行なわれており、アットホームな雰囲気が特徴です。
集中して仕事がしたい方や、交流を深めたい方にオススメです!

料金:ビジター利用 2,000円/日
会員利用   9,800円~/月 ※複数プランあり

 

OBPアカデミア(大阪)

単なるコワーキングスペースというよりは、コワーキングも可能な大人の「サードプレイス」です。
場所は京橋、大阪ビジネスパーク、大阪城公園のいずれからも徒歩5分以内の好立地でアクセスも良く、
自習や仕事は勿論、図書館やカフェ、交流サロンなど文化交流を目的とした広い機能が備わっています。
また、ビジネスだけでなく美容や料理、ゴルフなど幅広いテーマのセミナーも開催されています。

料金:ビジター利用 1,000円/2時間  2,000円/日
会員利用   9,000円~/月 ※複数プランあり

 

The Company(福岡)

今、福岡で最もHOTなコワーキングスペースは?と聞かれたら、ここを挙げる人が多いかもしれません。
場所としての機能だけではなく、仕事の流通・人のつながりを生む仕掛けが満載のプロジェクト創生型ワークスペースです。独自のSNSを通じてコミュニケーションをとることができ、各自のポートフォリオから他の会員の情報を見て、新しいビジネスのパートナーを探すこともできます。

12月には天神パルコ店と、フィリピンのセブ島へ海外拠点を展開予定!

料金:ビジター利用    500円/時間
会員利用   20,300円~/月 ※複数プランあり

 

growth next(福岡)

旧大名小学校に期間限定でオープンした官民共働型スタートアップ支援施設です。
ドロップインでの利用はできませんが、雰囲気抜群、充実した設備(Café Barや、ものづくりのためのFab施設も!)、何より注目のスタートアップ企業が一同に集まっていて、刺激的なこと間違いなしです!

サイトではインドアビューから館内を見ることもできるので、雰囲気が気になる方は要チェック!

料金:固定席 12,000円/月
フリー席     8,000円/月

 

コワキやカフェで仕事。どんな時に利用してる?

家や会社で仕事をするのではなく、コワーキングスペースやカフェで仕事をする人はどんな時が多いのか。
気になった私は、Twitterでゆるいツイートをしているハーリーくんにアンケートを依頼しました。
※拡散、投票いただいた皆様、ありがとうございます!

 

2日間という短い投票期間でしたが、結果は「気分を変えたい」が49%
続けて「集中したい」という理由が35%でした。

私も上位2つを理由にしていると思いました。
仕事や勉強を家でしているといろんな誘惑が近くにあり、無意識に闘っているような感覚になります。そして集中力が切れてプチ休憩をしてもなかなか気持ちが入らず、誘惑に負けそうになって一人で焦ってしまう…!

そんな時はカフェへ行き、第三者の目から見て「仕事(勉強)している人」という場所に身を置きます。
人に見られることで身が引き締まり、集中力も維持できます。 ※あくまで個人の感想です

「集中したいけど集中できない、ちょっと気分転換も兼ねて外で仕事(勉強)しよう!」
コワーキングスペースやカフェで仕事をしている人には多いのかもしれません。

今回は「一番多い理由」という表現でアンケートをとりましたが、コワーキングスペースやカフェで仕事をする目的はその時の仕事内容によっても変わってきますよね。

その具体例を、大城あしかさん( @417ena )が教えてくださいました!

ふむふむ。その時の目的や作業内容、人数によってコワーキングスペースとカフェを上手く使い分けているのですね。

 

確かに、打ち合わせが少人数であれば席と机のあるカフェで打ち合わせは可能ですし、カフェの雰囲気で仕事以外の話などもしやすくなりそうです。初対面の打ち合わせには、カフェがちょうど良いかもしれないですね。

大人数や時間のかかる打ち合わせの場合は、コワーキングスペースや会議室を利用して集中できる環境にしたほうが良いと。確かに、大人数の打ち合わせでカフェを利用すると、話に収集がつかなくなりそうです。

フリーランスや副業・兼業を始めたばかりの人は、上記のような使い分けを参考にしてみてください!

 

まとめ

今回は外に出て仕事や勉強ができる人を対象にアンケートをとりましたが、今度は家で仕事をしている人が実施している気分転換や集中する方法や、カフェとコワーキングスペース、利用している割合なども聞いていきたいと思います!

コワーキングスペースは全国にも増えてきていますが、取材や打ち合わせ・会議など、その時に使う用途に合わせて、利用する場所を使い分けることが大事だということが分かりました!

多様な働き方に合わせて、子連れで利用ができたり、お酒が飲めたり、ラジオ局が併設されたカフェなど、コワーキングスペースは「スペースを共有するワークスタイル」に留まらず、勉強会や趣味など好きなことが共有できるコミュニティの場所へと進化しています。

この機会にぜひ、あなたのライフスタイルに合ったコワーキングスペースを探してみてください!