How to Work 働き方のヒント

企業規模別に見るアウトソーシング(業務委託)をおこなうメリット


コア事業への経営資源の集約や、人件費・設備投資費などのコスト削減を目的として、専門的な能力を持った外部機関に業務を委託する事をアウトソーシングといいます。最近ではこれらに加え、自社にはないスキルを補うために、アウトソーシングを活用している企業が多くなってきています。企業規模別にアウトソーシングを行うメリットを考えてみました。

一般的に考えられるアウトソーシング(業務委託)のメリット

一般的にアウトソーシング(業務委託)に適した業務としては、以下のような業務があげられます。

  • 専門性が高い業務
    例:システム開発業務、デザイン業務など
  • 一定期間に集中して忙しくなる業務
    例:新卒採用など時期が決まっている採用業務など
  • 定型的なルーティンワーク
    例:給与計算、経理の伝票仕訳業務や名刺のデータ化業務など
  • 発生頻度が非常に低い業務
    例:エクセルマクロのバージョンアップ対応、企業ホームページのリニューアルなど

企業がアウトソーシング(業務委託)を導入するには様々な理由が挙げられますが、多くの場合下記のようなメリットがあるからだと考えられています。

(1)高い専門性の確保

ITや技術開発等の一部の業務には、高い専門性が要求される場合があります。
そういった業務に対し、人事異動や中途採用を行うことなく、比較的容易に高い専門性を確保することが可能です。

  • 自社にない専門能力の活用ができる
  • 採用や研修教育がいらない
  • 別の角度から考えて生み出した特殊技術が導入できる
  • 成果物の納期も期日どおり納品される

(2)コア業務の強化

一部の業務をアウトソーシング化し余分なコストを低減させることにより、新規事業や新商品の開発等、基幹業務へ優れた人材や費用を注力することが可能になります。

  • 中核事業の競争優位性を高める
  • 全体的に産業効率が良くなる

(3)人件費などのコスト削減

アウトソーシングを導入することによって、その業務にかかわる人材の採用コストや教育コスト、退職金、福利厚生等の費用が不要となります。契約期間内の一時的な費用のみで、社員を増やさずに業務遂行の維持拡大が柔軟に対応できます。

  • 必要なときに、必要なスキルを、必要な分だけ提供してもらえる
  • 社員を採用するより低コスト
  • 外部設備の活用(設備、備品の準備の必要がない)
  • 業務の繫閑差対応

(4)固定費の変動費化

企業(あるいはプロジェクト)の状況や時期に合わせて、マンパワーの維持・増大・縮小が可能になります。
人件費を変動費化することで、景気状況に対して柔軟に対応できます。

  • 固定費を変動費に変え、コスト削減をはかれる

企業規模別に見るがアウトソーシング(業務委託)を行うメリット

では、企業規模別にみると、どのようなメリットが考えられるでしょうか。
大企業と、中小企業、スタートアップなどの起業時の3つの企業別に考えてみました。

大企業がアウトソーシング(業務委託)を行うメリット

上記であげている一般的なメリットのうちに、特に「(2)コア業務の強化」が大きなメリットとなるでしょう。
また、大企業の場合は「業務の標準化」もメリットとしてあげられます。

特定の業務を特定の社員が長期間担うことによって、発生する可能性がある「業務の属人化」というリスクを回避するには、第三者でも容易に理解できる形に業務内容を「標準化」するのが有効な手段であり、その一つがアウトソーシングです。外部事業者に業務を委託する過程で、業務を「見える化」し、不必要な業務を顕在化させることで、業務全体のスリム化が期待できます。

中小企業がアウトソーシング(業務委託)を行うメリット

上記であげている一般的なメリットのうち特に「(1)高い専門性の確保」が大きなメリットとなるでしょう。
中小企業の場合は、事業展開が速かったり、会社の成長スピードと人員計画のスピードをそろえていくことが難しいステージであることが多いです。そうなる場合、人材の採用のみではなくアウトソーシングを導入することが、企業を成長させていく上での大きなメリットとなります。

スタートアップなど起業時でアウトソーシング(業務委託)を行うメリット

上記であげている一般的なメリットのうち特に「(1)高い専門性の確保」「(4)固定費の削減」が大きなメリットとなるでしょう。スタートアップの場合、アイディアをいかに素早く形にしていくかも、事業展開を行っていく上での重要なファクターとなります。アイディアを形にしていくためには、高い専門性を持った人材とうまく出会い、活用していくことが重要です。また、アウトソーシングを行うことで、オフィススペース、その他付帯設備の準備を行う必要もありませんし、人材を採用するために必要となる各種保険の手続きなども不要です。スピード感をもってまずはスタートダッシュを行いたい起業時にはアウトソーシングは積極的に活用したい手段です。

しかし、特に中小企業やスタートアップなどの起業時は、法人対法人としてアウトソーシングの契約を結ぶことが難しいケースがでてきます。その場合に有効な手段がクラウドソーシングです。クラウドソーシングであれば、クレジットカードなどを利用することで、発注主が個人であっても利用できますし、受注者もフリーランスや小規模で事業展開をしている企業が多いため、今までであればなかなか出会えなかったアウトソーシング先に出会うことができる手段となっていくでしょう。