Team Job-Hub コラム

Coworking Asia Conference Tokyo 2013 カンファレンス協賛レポート


2013年9月21日(土)-22日(日)にて、コワーキング・アジア・カンファレンスが開催されました。パソナテック「Job-Hub」は、スポンサーとして参加し、クラウドソーシングにおけるコワーキング事例の紹介とともに、今後のコワーキングスペースとの事業連携について、本カンファレンス主催の コワーキング協同組合 と記者会見を行いました。

アジアとつながる。コワーキングスペースと、新しい働き方。アジア圏初のカンファレンス開催。

3年前に日本で始めてコワーキングスペースが誕生して以来、今や日本全国に270箇所以上のコワーキングスペースが広がり、今や毎週のように新しいスペースが立ち上がっています。その新たな場所に、人が集まり、新たな事業、新たな働き方が生まれています。

今回、アジア圏全体に目を向け、コワーキングスペースとその場に集まる人々が作る数々の取り組みと事例について、カンファレンスが開催されました。経済産業省をはじめ、大手企業も協賛。弊社パソナテックも、スポンサーとして協賛しました。

CAC_repo0

Coworking Asia Conference TOKYO 2013
http://asia2013.coworking.coop/

  • 主催:コワーキング協同組合
  • 後援:経済産業省/日本アセアンセンター
  • 特別協賛:
    株式会社パソナテック/株式会社リコー/
    日本マイクロソフト株式会社/株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ
    コクヨファニチャー株式会社/株式会社パソナ
    など

コワーキング・ワークスタイル普及に向け、参画企業が記者会見。Job-Hubが、コワーキングスペースにおけるビジネスパートナーのマッチングを支援

カンファレンス初日に、本イベント主催のコワーキング協同組合をはじめとして、以下団体、参画企業が同席のもと、記者会見が開催されました。Job-Hubからも、新規事業開発室 マネージャ 野宮 一生 が参加いたしました。

CAC_repo3CAC_repo2

参画企業・団体

  • 特定非営利活動法人StartupWeekend
  • 株式会社パソナテック
  • 日本マイクロソフト株式会社
  • 経済産業省

本記者会見の中で、今後のコワーキングスペース、並びにそこに集う多様な人材に対して、ビジネスパートナーマッチング/起業支援、そしてライフサポートの総合的なサービスを提供していくことを発表しました。

各団体・各社の取り組み

  • コワーキング協同組合
    – コワーキングスペースの開設・利用促進
    – 会員への休業補償(1年間の休業保障)を提供
  • 特定非営利活動法人StartupWeekend
    – 地方都市でのStartup Weekend のイベント開催支援(スタートアップ育成プログラムの提供)
    – 地方の人材発掘・育成・教育を共に強力に推進
  • 株式会社パソナテック(Job-Hub)
    – Job-Hubを用いた、ビジネスパートナーのマッチング
    – 全国コワーキングスペースの人材・タレント発掘
  • 日本マイクロソフト株式会社
    – スタートアップ支援として、BizSparkの提供

なお、Job-Hubは、活動第一弾として、コワーキングVISA加盟店(=全国約30箇所)の中から、主要10拠点から順次サービス提供を開始していく予定です。

Job-Hub クラウドソーシングから始まる、コワーキングスタイル形成の事例を紹介

カンファレンス初日、2日目にて、弊社 新規事業開発室 マネージャ 野宮 一生 が、「クラウドソーシングにおける、コワーキングスタイル形成の事例紹介」 という題目にて、セッションを行いました。

CAC_repo4

昨今のクラウドソーシングの広がりから、Job-Hubのサービス概要の説明、そして、実際に日々生まれている数々の事例の中から、クライアント側、ワーカー側の事例を コワーキング という切り口で紹介しました。

セッション内容のポイント

  • クラウドソーシングの業界は、大きく広がっている。今や中小企業に限らず、大手企業もその動向に目を向けており、Job-Hubへも大企業から導入の相談が増えている。
  • Job-Hubを活用することで、企業は、ロケーションに縛られずにオンラインで全国各地のワーカーに業務を依頼することができる。
  • それにより、企業は、新たなパートナーシップをより幅広く、よりスピーディーに形成している。
  • 一方で、ワーカーにとっては、自身のアクション次第で、ロケーションや所属の壁を超え、自身の才能・経験を幅広く活かし、無理のないワークライフバランスを得ることができる時代になってきている。

また、地方に存在するすばらしい人材・タレントがまだまだ多く埋もれていることにも触れ、コワーキングスペースというリアルな接点とJob-Hubがつながることで、より多くの個人に更なる活躍のシーンを提供していけると、今後の活動についても意欲を示していました。

会場からは、Job-Hubのサービスの仕組みに関する具体的な質問から、地方人材をより県外にもアピールするいい機会になる!コワーキングスペースと連携することで、オンラインだけでは進めずらい案件も対応できると、さまざまな意見交換がされました。

最後に

イベント開催に尽力頂いた、コワーキング協同組合の皆様、そしてサポーターの皆様、ありがとうございました!

CAC_repo6

今回のカンファレンスは、アジア圏にフォーカスを当てて開催されました。そのため、参加者も、さまざまな国から出席していて、質疑応答や、参加者間のやりとりなど、多言語でのやり取りも多くありました。カンファレンスの企画から運営まで、ご苦労もあったかと思います。全体を指揮し、運営されたコワーキング協同組合の皆様はじめ、サポーターの皆様に、改めて深くお礼申し上げます。そして、今回を機に、みなさまとよりよいパートナーシップを組んでいけることを切に願っております!

CAC_repo5

コワーキング協同組合
http://coworking.coop/